ねりこそ@なび

トップページ » まなぶ » きほんの写真講座
栗原美穂プロフィール写真

講座名:子育てがもっと楽しくなる!きほんの写真講座
開催日時:2013年7月9日(火)10~12時
会場:男女共同参画センターえーる

講師:フォトグラファー・栗原美穂
10歳&2歳の姉妹のママ。練馬区在住。子どもや家族写真をメインで活動するフォトグラファー。
http://ameblo.jp/miho-photo37/

当日の様子

区報で発表されてから、あっという間に定員に達した人気企画! 当日は定員20名がきっちり集まり、まずは講義からスタートしました。カメラの構え方から、露出補正などの専門的な話、上達のコツまで、充実の内容に。

講座風景講座風景

その講義を受けて、実践に移ります。各自持参した子どもの思い出グッズを、思い思いにセッティング。15分という短時間ながら、渾身の1枚に挑みました。参加者からの質問にも、たくさん答えてくれた栗原先生。先生が教えてくれたポイントを、ねりこそ流にまとめました!

STEP1.まずは撮る“意識”を変えよう!

最終更新日:2014年3月27日

  • 何をどう撮りたいか、意識することでガラリと変わる!

  • 撮れば撮るほど上達する
    →そこに意識を加えれば、もっと上手に!

  • 子どもに「こっち向いて」はホドホドに!
    →子どもが固まったり、いつもと同じポーズになったりしてしまう
    →声をかけずに撮ろう!

  • ポイントは“隠し撮り”
    →望遠レンズがあると、遠くから気づかれずに撮れる。

  • ママと遊びながら撮る撮影
    →子どもの楽しい表情が撮れる!
    (例)「いないいないばぁ」を活用!
    →ファインダーを覗いて、ピントを合わせながら「いないいない……」
    →顔をはずして、「ばぁ!」
    →赤ちゃんが反応したところで、パシャリ☆

  • 「いいな」と思う写真があったら、マネしてみよう

  • 「大好きだよ」の気持ちは不可欠!
    →ママの愛情に勝る写真はない!
    →自信を持って撮ろう!
STEP2.撮影の基本

最終更新日:2014年3月27日

1.かまえ&手ブレをふせぐ

  • ブレの理由は2つ…
    1:被写体ブレ→子どもだから仕方ない
    2:背景もブレている=手ブレ→ふせげる!
  • 手ブレは、指に力が入って起こる
    →体をなるべく動かさず&シャッターは優しく押す
  • テーブルなどがあったら、自分の肘を三脚代わりにして固定する
  • 壁の近く→壁に体の横をぴったりつけて、固定
  • 脇を軽くしめる
  • 落下に注意。ストラップは必須!

2.シャッターは半押し

  • フォーカスロックした状態で、カメラを動かし、構図を変える
  • 動かしていのは、上下左右のみ。
  • 前後に動く(寄る、離れる)のは、ピントがズレるのでNG!
  • フォーカスロックについて…
    ・人の黒目にピントを合わせるのがポイント!
    (合ってないと、不安な写真or失敗写真に見える)
    ・意図があれば、あえて他のものにピントを合わせ、顔をぼやかすのもアリ
    ・オートフォーカスエリア(自動でピントが合う)の設定は、カメラごとに違うので注意!

3.アングル

  • ハイアングル=ママの目線から撮る
    ・赤ちゃんの頭の大きさを強調
    ・赤ちゃんらしさを表現できる
    ハイアングル

  • アイレベル=子どもの目線
    ・子どもの世界観を表現できる
    アイレベル

  • ローアングル=下から撮る
    ・ダイナミックさやわんぱくさを表現できる
    (例)子どもと青空を入れる→清々しい写真になる
    ローアングル

  • ノーファインダー=ファインダーをのぞかずに撮る
    ・連写モードで撮る
    ・20~30枚撮れば、数枚はいい写真が見つかるはず!
STEP3.構図を変えて、引き出しを増やそう!

最終更新日:2014年3月27日

  • 引きと寄り
    ・全体を撮ったら→一部分にクローズする
    ・赤ちゃんはパーツもかわいい。足、手、耳、ほくろなど、パーツだけの写真も残そう

  • パパと一緒の写真
    ・大きさの違いを撮ると、思い出になる!
    (例)パパと赤ちゃんの足だけ

  • タテとヨコ
    ・同じ写真で、タテ&ヨコ両方をおさえる
    ・タテ→高さ、奥行きが出る
    ・ヨコ→広がりが出る

  • 日の丸構図
    ・被写体をセンターに置く
    ・伝えたいことがわかりやすい
    日の丸構図

  • 三分割構図
    ・画面を三分割して、被写体を隅に置き、余白を作る
    ・フォーカスロックしたあと、ズラすのがポイント
    ・ストーリー性のある写真になる
    ・視線は、余白のほうを向くように
    ・手の動きを入れるとGOOD!
    三分割構図
STEP4.露出補正&ISO感度&ホワイトバランスなどをマスター!

最終更新日:2014年3月27日

  • 明るさが重要!
    ・まず1枚撮って、明るさをチェックしよう。OKの状態で撮り進めよう!
    (例)部屋の中→レースのカーテンを使うと、ふんわり優しい光に

  • 露出補正とは
    ・「Evシフト」などと書かれたボタンを、回すなどして設定する(機種によって異なる)
    ・Mモード、オートでは設定できない
    →Pなどのモードに
    ・「+」にする→白いものをより白く
    ・「-」にする→黒いものをより黒く
    露出補正

  • 白トビに注意
    ・屋外で、露出補正を「+」にすると、白トビしやすい

  • 順光の落とし穴
    ・まぶしくてしかめ面になったり、つけまつげが「ひじき(黒い影)」になったり……
    →順光ならキレイに撮れるとは限らない!

  • 逆光を味方に
    ・逆光でも、露出補正を駆使すれば、キレイに撮れる
    (例)逆光&露出補正を「+」に→人物も背景も白くなる

  • 内臓フラッシュは使わない
    ・人工光が正面から当たると、不自然な影ができる
    ・使いたい場合、光を拡散する小物(ストロボディフューザー)を活用

  • ISO(イソ)感度
    ・感度を上げることで、少ない光でも撮れる
    ・上げすぎると、ノイズが発生
    →10000~ノイズがわかる。1000単位なら、ほとんどわからない

  • ISO感度のめやす
    →晴れの屋外  :100~200
    →晴れの屋内  :400
    →くもりの屋外 :400~800
    →くもりの屋内 :400~1600
    →夕暮れ、夜屋外:800~
    →夜屋内    :1600~

  • 露出補正とISO感度の関係
    ・光源がある→露出補正で対応(屋内でも、くもりでも)
    ・光源がない→ISO感度で対応
    (例)露出を上げて、シャッタースピードが遅くなった場合
    →ISOを400くらいにすると、ブレが軽減できる

  • ホワイトバランス
    ・白いものを白くとらえ、光源による色かぶりを防ぐ機能
    ・要は、カラーフィルターをつけるようなもの
    (例)くもりのモード→オレンジ色のフィルターをかける→温かい色に(料理などにオススメ)
    (例)電球のモード→青いフィルターをかける→爽やか、朝っぽくなる
    ・普段はオートでOK
    →余裕のあるとき、遊んでみよう!

  • 白ボード、すのこ、バック紙(背景に置く紙)などを使用すると◎
    ・白ボードは、レフ板がわりにも
STEP5.思い出に残そう!

最終更新日:2014年3月27日

  • スクラップブック、デジタルフォトフレームなど、形にして残すことも考えよう
    →見て楽しむコミュニケーションツールに……

  • バックアップも大切に!
    →雷でパソコンから煙……大切な娘のデータが全部ダメに……(先生の実体験!)
    →1つじゃなくて、2つ以上のメディアで残すこと
STEP6.よくある質問Q&A

最終更新日:2014年3月27日

栗原美穂写真
写真が暗くなっちゃう!
露出補正を「+」にするか、ISO感度を上げるかで対応しましょう。
学芸会、発表会など、暗い場所で撮るコツは?
ISO感度を上げて撮りましょう。イルミネーションや夜景なら、どこかに置いて、セルフタイマーで。タイマーを使うと、手ブレがなくなります。三脚があるとベストです。
ピントがなかなか合わないんだけど……
コントラストの浅さ、深さが関係しています。また、白だけなど、明るすぎても合いにくいです。光の状態を変えることで、合いやすくなります。
いつも同じ写真ばかりになります……
たまには泣き顔も撮ってみよう! 写真は平面だけど、見るとミルクのニオイや泣き声もよみがえります。
兄弟や、複数の子どもを撮るコツは?
並んで撮るときは、オヤツを与えたり、「こっちだよ~!」とオモチャを使ったりしています。手前に1人、奥に1人という場合、手前にピントを合わせるのが基本。あえて奥に合わせる場合、手前のボケたものが入る割合を減らすこと。ボケたものの割合が多いと、失敗写真に見えます。
ボカす写真が撮りたいんだけど…
Avモード(絞り優先モード)にして→F値を少なくし→被写体と背景の距離をあけると、ボカした写真が撮れます。
写真スタジオみたいに撮ってみたい!
白いシーツを広げて、露出補正などで明るくすると、それっぽくなります!
もっといろいろ知りたい!
このコラムをチェックしてみてください。
ハッピー・ノート ドットコム/子ども写真の撮り方・残し方
STEP7.“脱オート”で撮った、参加者渾身の1枚!

最終更新日:2014年3月27日

受講者20名が撮影したベストショット。クリックすると大きくなります。

【PR】

>>協賛企業・団体一覧

【PR】

ご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。
※お返事の必要なお問い合わせは、こちらへ