ねりこそ@なび

トップページ » はたらく » 病児・病後児保育

親としての責任と仕事の責任を両立することができるように、練馬区にはお子さんが病気の時、サポートしてくれる施設があります。家族やこうした施設と協力しあいながら、子どもにも自分にも無理のない環境を整備しましょう。施設の利用には事前の登録が必要です。早めに登録し、いざとなった時にスムーズに利用できるよう備えておくことが重要です。

1.実施施設一覧

最終更新日:2014年3月28日

病後児保育は、病気の回復期にはあってもまだ保育園などでの集団保育が困難な子どもの保育と看護を行うサービスです。 病児保育を行う施設では、回復期に至らなくとも急変の恐れがないと診断された子も預かります。 利用は予約順。事前に登録が必要です。各施設の登録の方法にしたがってください。

病児・病後保育

ナーサリールームベリーベアー練馬(最寄り駅「練馬」・ココネリ内)

こどもデイケアプリムラ(最寄り駅「武蔵関」・佐藤皮膚科小児科クリニック併設)

みつばち ねりま(最寄り駅「練馬高野台」・順天堂大学練馬病院)

ぱるむ光が丘(最寄り駅「光が丘」・練馬区医師会運営)

ぱるむ大泉(最寄り駅「大泉学園」・練馬区医師会運営)

病後児保育

ソラスト中村橋(最寄り駅「中村橋」)

病気の回復期とは: ・診断が確定しており、急性期を経過した時以降 ・伝染性疾患においては、他児への感染期を経過した時以降 ・外傷性においては、症状が固定した時以降

利用期間: 原則としてひとつの病気につき6日間 利用料金:1日につき2,000円 減額、免除制度があります。 詳しくは練馬区HP病後児保育についてにて確認してください。

【問い合わせ先】 こども家庭部 保育課 保育助成係
【TEL】 03-3993-1111(代表)

【PR】

>>協賛企業・団体一覧

【PR】

ご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。
※お返事の必要なお問い合わせは、こちらへ