ねりこそ@なび

トップページ » 相談する » 子どもの虐待

虐待とは、子どもが安全に成長するのを脅かす大人の行為のことです。身体的暴力はもちろん、「死ね」などの言葉で心を痛めつける、ご飯やオムツなどの世話をしない、性の対象にする、子どもの目の前で夫婦ゲンカをして暴力を振るう、お酒を飲ませるなども、虐待になります。

1.虐待してしまいそう

最終更新日:2014年3月7日

子育て中は、つらく思うときが誰にでもあります。手助けしてくれる人がいない、子どもがかわいいと思えない、カーッとしてつい叩いてしまう、など虐待してしまいそう、虐待しているのではないかと不安に思ったときは、迷わず専門家に相談しましょう。苦しいあなたの気持ちをわかってくれる人がいます。話しをするだけで気持ちが落ち着くこともあります。

 

練馬区各保健相談所
練馬区HP/子ども家庭支援センター
練馬子ども家庭支援センター
【TEL】 3993-8155 (〒176・179エリア)
【TEL】 3995-1108 (〒177・178エリア)
関子ども家庭支援センター
【TEL】 5927-5911
光が丘子ども家庭支援センター
【TEL】 5997-7759
貫井子ども家庭支援センター
【TEL】 3577-9820
大泉子ども家庭支援センター
【TEL】 3925-6713

東京都福祉保健局/東京都児童相談センター・児童相談所/相談案内/電話相談
【TEL】 3202-4152         
月~金 9:00~20:30
土・日・祝 9:00~17:00

子どもの虐待防止センター
(民間の電話相談)
【TEL】 5300-2990
月~金 10:00~17:00
土   10:00~15:00      

2.虐待かなと思ったら

最終更新日:2014年3月7日

子育てが大変そうな家族を見かけたときは、子どもの様子に注意しながら、できることがあれば手助けしたり、暖かい気持ちで見守りましょう。毎日のように子どもの泣き叫ぶ声が聞こえる、大人の怒鳴り声や子どもを叩く音が頻繁にする、子どもがしょっちゅう不自然なケガをしている、いつもひどくおなかをすかせていたり、体や服が異常に汚れていて異臭がする、などに気づいたら、虐待の可能性があります。

虐待だとはっきりしなくても、疑わしいと感じたら、専門機関に連絡しましょう。あなたの行動が子どもの命を守るかもしれません。連絡したことであなたに迷惑がかからないよう、配慮してもらえます。

練馬区HP/子ども家庭支援センター(児童虐待の通告・通報窓口)
【TEL】 0120-248-551(児童虐待通報専用フリーダイヤル)

東京都福祉保健局/東京都児童相談センター
【TEL】 3202-4152
月~金 9:00~17:00
※緊急性があれば土日祝日、夜間も対応

3.虐待されている子供たちへ

最終更新日:2014年3月7日

今あなたがつらい思いをしているのは、あなたが悪い子だからではありません。できるだけ早く、学校の先生や信頼できる大人に話しましょう。相談員が問題解決やこれからのことを話し合い、あなたを守ってくれます。

練馬区HP/子ども家庭支援センター

練馬子ども家庭支援センター
【TEL】 3993-8155
関子ども家庭支援センター
【TEL】 5927-5911
光が丘子ども家庭支援センター
【TEL】 5997-7759
貫井子ども家庭支援センター
【TEL】 3577-9820
大泉子ども家庭支援センター
【TEL】 3925-6713

東京都児童相談センター
【TEL】 3202-4152
月~金 9:00~17:00
ただし緊急性のあるものには土日祝日、夜間も対応

子どもの権利擁護専門相談事業(東京子どもネット)
【TEL】 0120-874-374
月~金 9:00~20:30
土・日・祝 9:00~17:00

厚生労働省児童相談所全国共通ダイアル
【TEL】 0570-064-000

【PR】

>>協賛企業・団体一覧

【PR】

ご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。
※お返事の必要なお問い合わせは、こちらへ