ねりこそ@なび

トップページ » 相談する » 障がい児の子育て

相談機関や、同じ障がいを抱えた親のグループなどは、区内にいくつもあります。

※「障がい」の表記について※
身体の不自由さなどとは「害」なのでしょうか。

ねりま子育てネットワークでは、障がいを1つの個性と考え、「害」の字を使っていません。ただし、施設名・法律用語などはそのまま記しています。

1.子育て相談

最終更新日:2014年3月7日

障がいなの、そうでないの? ひろばや育児相談に行きにくい、行きたくない。でも、日々不安で…。そんな思いがあったら、相談してみてください。

練馬区HP/町名別の担当子ども家庭支援センター でご確認ください。

練馬区HP/こども発達支援センター
【TEL】03-3975-6251

障害を持つ子の親の会
練馬区社会福祉協議会/練馬ボランティア・市民活動センター
【TEL】 03-3992-5600

2.障害者手帳の交付

最終更新日:2014年3月7日

障がいがあると診断された場合、障害者手帳の交付を受けられます。取得するかしないかは保護者の自由です。取得した場合には、交通機関やイベント会場の割引など配慮されるばあいや、失業や事故、出産、冠婚葬祭などによる子どもの緊急一時預かり保育も可能になる場合があります。また育成医療費や障害児福祉手当についての相談もできます。

身体障害(身体障害者手帳)
身体障害者(児)手帳の交付は、区の総合福祉事務所に申請します。交付後に障がい程度の軽減が予想される場合、交付時の状況に応じて、1年~5年の間に再認定の審査がある場合があります。前年分区民税が非課税世帯にかぎり、障害者手帳取得のための診断料の助成を受けられます。

障がいの相談と手帳の交付 
練馬区HP/総合福祉事務所
練馬総合福祉事務所 障害者支援係
【TEL】 03-5984-4609
光が丘総合福祉事務所 障害者支援係
【TEL】 03-5997-7796
石神井総合福祉事務所 障害者支援係
【TEL】 03-5393-2816
大泉総合福祉事務所 障害者支援係
【TEL】 03-5905-5272

 

知的障がい(愛の手帳)
愛の手帳(東京都療育手帳)は、東京都児童相談センター、または東京都心身障害者福祉センターに申請します。交付された後、3歳、6歳、12歳、18歳に達した時や障がいの程度に変化があった場合、再判定を受けて、手帳を更新することもできます。

東京都福祉保健局/東京都心身障害者福祉センター/愛の手帳

東京都福祉保健局/東京都児童相談センター・児童相談所

 

精神障がい
子どもの場合、障害者手帳交付はあまりなく、助成などもありません。しかし精神疾患のため入院した場合には医療費を助成する制度があります。

練馬区HP/練馬区保健所外部

町名別の担当保健相談所は練馬区HP/保健相談所一覧で確認してください。

  • 施設名
    TEL
  • 豊玉保健相談所
    03-3992-1188
  • 北保健相談所
    03-3931-1347
  • 光が丘保健相談所
    03-5997-7722
  • 石神井保健相談所
    03-3996-0634
  • 大泉保健相談所
    03-3921-0217
  • 関保健相談所
    03-3929-5381
3.障害児手当

最終更新日:2014年3月7日

障がいが認定された子どもで、障害者手帳を交付された場合には、医療や育成支援などの経済的支援が受けられます (一部、障がい程度や所得制限や重複して受給できない場合があります)。対象となる障がいや手当の詳細については、各総合福祉事務所または子育て支援課児童手当係にお問い合わせください。

福祉(障害)手当
練馬区、東京都、国から支給されるものがあります。

心身障害者福祉手当(区)
重度心身障害者手当(都)
障害児福祉手当(国)

練馬区HP/総合福祉事務所外部

練馬区役所 子育て支援課 児童手当係
【TEL】 03-5984-5824

光が丘総合福祉事務所 福祉事務係
【TEL】 03-5997-7060

石神井総合福祉事務所 福祉事務係
【TEL】 03-5393-2817

大泉総合福祉事務所 福祉事務係
【TEL】 03-5905-5274

児童手当
東京都と国から支給されるものがあります。

児童育成手当、障害手当(都)
特別児童扶養手当(国)

練馬区HP/総合福祉事務所

練馬区役所 子育て支援課 児童手当係
【TEL】 03-5984-5824

光が丘総合福祉事務所 福祉事務係
【TEL】 03-5997-7060

石神井総合福祉事務所 福祉事務係
【TEL】 03-5393-2817

大泉総合福祉事務所 福祉事務係
【TEL】 03-5905-5274

障がい児の保育
区立保育園には障がい児枠があります。私立でも、入園できる園もあります。条件があるので、保健師さんに相談しましょう。

障がい児の就学相談
地域の小学校の通常学級に行くか、特別支援学校に行くか、または区立小学校の特別支援学級(固定級・通級)に就学するかの選択肢があります。それぞれに特徴がありますので、見学してみましょう。就学相談では、専門家が子どもと面談し、その子に合った学習環境を客観的に判断します。強制ではありません。就学相談で適切な学校を勧められても、最終的には保護者の意思が尊重されます。

練馬区HP/教育振興部 学務課 就学相談係
【TEL】 03-5984-5664(直通)

障がい児の就学奨励費
特別支援学級・特別支援学校に在学している子どもに対して、学用品費、給食費、通学費、修学旅行費などの一部が助成されます。在学する学校を通して申請します。入学手続き時、または入学後に学校より申請書が配布されます。所得により支給・助成に段階があります。

障がい児の学童保育
障がい児については民間委託の学童クラブが3人、区の学童クラブが2人までが6年生まで入れます。空きがあまり出ないため、事前によく確認が必要です。

練馬区HP学童クラブ窓口

緊急一時保護 
身体障害者手帳や愛の手帳を交付された児童で、保護者や家族の疾病、事故、出産、近親者の冠婚葬祭などのため、緊急に保護が必要となる場合は、施設や家庭で一時的に保護します。所得に応じて、費用の負担があります。また、民間のグループで預かってくれるところもあります。総合福祉事務所で相談できます。

練馬区HP/総合福祉事務所

練馬総合福祉事務所 
【TEL】 03-5984-4609

光が丘総合福祉事務所
【TEL】 03-5997-7796

石神井総合福祉事務所 
【TEL】 03-5393-2802

大泉総合福祉事務所
【TEL】 03-5905-5272

5.体験談

最終更新日:2014年3月7日

「何事もあきらめずに積極的に取り組む様子は、クラスのみんなに良い影響を与えています。」
今年の個人面談での先生からの言葉。

そんな我が家の子供は、車椅子に乗って近所の小学校に通っています。
ここに至るまでは、決して平坦ではなく、多くの苦悩や葛藤がありました。

正直なところ、まだまだこの社会は、障がい者にとって生活しやすいものではありません。
しかしながら子供の誕生以来10年余り、多くの方の善意に支えられ、ここまでやってくることができました。
普通の環境では、決して知り合えなかったであろう素敵な方たちに出会えたことは、何よりの財産です。

子供に障がいがあると告げられた時、衝撃を受けない親はいないと思います。
先輩方が、いくら「今は幸せよ」と話しても、その時は受け入れられないかもしれません。
それでもいいと思うのです。普通の親だって、子供と共に成長します。私たちも同じです。

与えられた環境の中でいかに幸せに過ごしていくのか、そう考えれば、おのずとすべきことが見えてくると思います。

焦らず、自分の心、弱い心も含めて受けとめて、前に進んでいってください。
障がい児の親だからって、特別でもなければ、偉くて立派な人になる必要もないんです。

自分だけで抱えこまずに、どうか周りの人に助けを求めてください。
きっと素敵な出会い、笑顔が待っていると思いますよ。
                                                            KY(女)

【PR】

>>協賛企業・団体一覧

【PR】

ご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。
※お返事の必要なお問い合わせは、こちらへ