ねりこそ@なび

トップページ » 幼稚園 » 幼稚園一覧 » 区立幼稚園 » 光が丘さくら幼稚園

最終更新日:2017/08/21
※詳細は各自でお問い合わせください。

基本情報
所在地
〒179-0072 練馬区光が丘2-4-8-101 
電話番号(代表)
03-3976-2562
ホームページ
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/kyoiku/yochien/yochien_shosai/sakura/index.html
地図
練馬区HPからの情報
給食
なし
園バス
なし
預かり保育
なし
保護者からの情報

アンケート内容:(1)園を選んだ動機・きっかけは何ですか? (2)入園するにあたって動き始めた時期は? (3)入ってよかったところ (4)保護者の出番の頻度は? (5)入園を考えている方へのおすすめポイントは?



Aさん(年中)(卒園)[2017年回答]
(1)【選んだ動機】
「子供に幸せな人生をあゆんでほしい」という親の願いを掘り下げて、自分の人生を振り返りながら考えてみました。大人もそれぞれ違うように子供もそれぞれの個性を持っているが、各々の子供達が自分の好きなものや夢を持ち、それに向かって自主的に行動すること、そして、現状や自分自身を認め満足感を感じていることは、幸せな人生に不可欠であると思いました。さくら幼稚園の説明会に行った時、園長先生が自己肯定感を育む教育を大切にしているということをとても丁寧に説明されており、この幼稚園にしようと決めました。

(2)【動き始めた時期】
さくら幼稚園は親子さくらんぼ会という未就園児にも部屋を解放する機会を月に数回設けていました。親子さくらんぼ会では、時々看護師さんの栄養や育児のアドバイスの機会もあり、子供も他のお友達と遊んだり幼稚園の環境になれることができるので、2、3歳のころも時々通いました。さくら幼稚園は2年保育ではありますが、親子の心の繋がりを十分に強くする時間にもなったと思うし、終わってしまえばあっという間の幼児の子育てを十分やりきったような私の満足感もありました。

(3)【入ってよかったところ】
入ってみて、まず先生方が本当にベテラン揃いだと思いました。年輩の実際子育て経験がある先生方が、区立なので働き続けやすいというのもあると思います。 入園してすぐの光が丘降園への遠足の日は、年少さんのお弁当開始日でしたが、親子でお弁当と自分で食べられるか目で確認出来、それを先生方が暖かく見守ってくださっていました。短い時間でも親子のふれあい遊びや、自然探索など色々遊ぶ仕掛けが用意されていたりしました。自由保育とは言いつつ、毎回面白い遊びが設定されています。

(4)【保護者の出番】
保護者の出番は毎日の送り迎えや、夏のお祭りや運動会など、他の幼稚園と同程度のイベントや保護者会などがあります。区立なので色々な家庭に配慮している姿勢が見え、強要的な感じはありません。保護者会も、子供を預かってくれている保育時間に園長先生と副園長先生がしてくださる時がほとんどなので、助かっています。

(5)【おすすめポイント】
大きくなると、他の人と比べて落ち込んだり、いじめや不登校など、様々な不安が聞かれます。そういう環境の中でも自分で元気に過ごす道を選べる心の強さを持ち、コミュニケーションで解決できる子供になってほしい!自由な発想を持ち、創造的な子供になってほしい思っている親御さんは、きっと毎日楽しく安心して通わせられる幼稚園だと思います。


Bさん(年長)(卒園)[2017年回答]
(1)【選んだ動機】
(自分は途中入園のため近くにあったからですが、周囲に聞きました。)周囲の幼稚園は3年保育が主流のため、かなり早い時期から最低2~3園は見学したとのこと。3年保育に行く友達が多くて不安になる時期もあったけど未就園児ひろばやプレーパークで知り合ったママ達と入園前は過ごした、等様々でした。後は単に1月~3月生まれなので、2年保育が良かった。子どものんびり過ごしたいから2年保育という人も。動機として一番多かったのが、「とにかくのびのび」していること。勉強っぽいことがないこと。次いで補助の先生が多いので障害のある子がいても安心。もちろん受け入れ先が無くて遠くから来ている人もいます。

(3)【入ってよかったところ】
何かを子どもに教える時、本当に子どもがキャッチしやすい形にして渡してくれます。いろいろ考え尽くされています。年長になると動物の世話など係りも増え、自主的に考え動く仕組みがたくさん!正直年少の1年間はこんなものかな?という感じですが、年長でぐーんと伸びること!!

(4)【保護者の出番】
いわゆる役員はなく、年間通しての係りはクラス代表の連絡係りのみ。(月1会議)あとは必要に応じて行事の手伝いの募集はありますが、基本的に未就園児のいる保護者は免除です。末っ子の時に「自分の番が来たな」という感じで自発的に参加する人が多いので、頻度はそれぞれです。

(5)【おすすめポイント】
毎日の送迎で園児の様子もよくわかるし、子どもたちそれぞれが抱える事情も割とすぐ皆に打ち解けて話せる空気があります。それゆえに保護者それぞれの価値観もお互い尊重して、有志の集まりに何が何でも参加しろ!とか強制はないです。とにかく親も子も「無理せず自然体でいられる幼稚園です。


【PR】

>>協賛企業・団体一覧

【PR】

ご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。
※お返事の必要なお問い合わせは、こちらへ