ねりこそ@なび

トップページ » コラム&体験談 » 子どもの虐待体験談

うんと可愛がるはずだった私の赤ちゃん。

みんなやっていることだから、私にもできるはず・・・・と思って出産したのに上手くいかない。
 「お母さんになったんだから、泣き言を言わないで頑張らなきゃ」と思うほど、子育てがつらくなり、ベランダから赤ちゃんを投げ出したくなりました。

 他の人はみんな上手くやっているように見えて、自分だけがおかしいんじゃないかと思いました。
 赤ちゃんは泣いてばかりいてどうしていいかわからない。
ずっと抱っこし続けるのも疲れる。
 家事もしなくちゃいけない。
 二人きりの時間がとても長く思えました。
 誰か大人の人と話しをしたくてしょうがなかったけど、こんな私の気持ちをわかってくれる人がいるとは思えませんでした。

いくつものストレスが重なったある日、心のフタが飛んでしまいました。
 言葉にできない、私の怒りや悲しみ、いろんな感情が一気に小さな子どもに向かいました。
いけないと思っても、また叩いてしまう。
 自分では止められませんでした。

このままだと殺してしまうかもしれない・・・・。
そう思った私は、やっと相談しました。
そこには、同じような悩みを持った仲間が大勢いました。

そこから、仲間以外にも、理解してくれる人、応援してくれる大勢の人に出会いました。
 大勢の支えの中で、次の子を産み「子どもって、こんなにかわいいんだ!」って感じることができました。

【PR】

>>協賛企業・団体一覧

【PR】

ご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。
※お返事の必要なお問い合わせは、こちらへ