※(追記)2/18、メンダコの展示見合せとのことです。代わりに「ツノモチダコ」の展示になっています。

教師の研究発表会のためぷちが4時間授業だった15日、どこか行こうとサイトをポチポチみていたら…

きょうからメンダコが展示開始?!?!?!

サンシャイン水族館では2017年3月5日までイベント「ゾクゾク深海生物」を開催中。

ゾクゾク深海生物看板

イベント開催当初は展示されていたようですが、メンダコの状況で休止していた模様。
それが今日開始だって?!
メンダコの生態はまだ未知な部分も多く、飼育の最長記録は52日@沼津港深海水族館とのこと。
こりゃ見に行くしかないでしょ!とはむぷち出動。

「ゾクゾク深海生物」のイベントは別館ではなく、本館内なので入園料のみです。ほぼ普段ある水槽を使用して展示しています。(水槽を使用しているため、クリオネやミズダコはこの期間中展示されていません。)

そしてお目当てのメンダコ。緊張でドキドキです(笑)

メンダコ

深海生物なので暗い水槽を赤い光で照らしているので、本来の色等は観察できませんが、大福のようにぼてっと底に休んでいる子が5匹。時折ひれ?をぴくぴくしながら休んでいる模様。耳のようですごくかわいいです。なんかのキャラのよう。そしてしばらくすると一匹が泳ぎ始めました!
細長くなって飛び上がったと思ったら、ふわーっとスカートを広げるように落ちてくる。それを数回繰り返して、他の子の上にぼふっと乗る。迷惑そうな下の子。もぞもぞ動くとまた最初の子は飛び立っていきます。クラゲとはまた違った癒し系です。いや、目とかちょっと怖いんだけど。

メンダコ メンダコ

フラッシュ撮影禁止で撮影は禁止されていませんでした。沼津港ではメンダコの負担を考えて、撮影自体も禁止みたいですね。

そのほかにダイオウグソクムシとオオグソクムシや、深海のエビやカニの展示もありました。

ダイオウグソクムシ

メンダコの展示は期間が短いと思うので、メンダコファンの方はぜひ!

※(追記)2/18、メンダコの展示見合せとのことです。代わりに「ツノモチダコ」の展示になっています。

再開情報はサンシャイン水族館のTwitterでご覧ください。
沼津港深海水族館や新江ノ島水族館でも現在展示中とのことです。
各水族館のサイトで確認してください。

★ちなみにサンシャイン水族館で開催予定の次回イベントは『もうどく展2』です!
2年前に開催されていたイベントの第二弾!楽しみすぎます♪
※前回の様子はこちら♪

猛毒展2ポスター

 

その他の話。

現在屋外エリアの半分を工事中です(以前のペンギン・ペリカン・大魚・コツメカワウソ・アルマジロなどのエリア)。この春リニューアルオープンの予定でしたが、夏オープンに延期になりました。鳥インフルエンザが猛威をふるっているためだそうです。ペンギンやペリカンですから。残念ですが仕方ないです。現在ある空中のドーナツ状の水槽だけでなく、下からペンギンやペリカンが見える頭上の水槽ができたり、緑あふれる展示エリアができる予定みたいです。ほんと楽しみです!

その代わり、現在屋上部分に期間限定「マジカワペンペリガーデン」というペンギン・ペリカン・コツメカワウソの小さな展示スペースが増えてます。(~3/5)しかし、こちらもペンギンとペリカンは鳥インフルエンザの予防のため展示中止になっています。コツメカワウソの仲良し親子のみの展示です。和風なお部屋からパイプがつながっていて、遊んでいる姿がみれるかもしれません。

コツメカワウソ

屋上へは階段しかありません。また、展示時間が決まっています(~16:30)。雨天や強風時は閉鎖になります。ごご注意ください。

そして相変わらずラグーン水槽は癒されます♪疲れているときはずーっと座っていたい気分(笑)

ラグーン水槽写真