7月以降ずっとご無沙汰しておりました。
はむぷちとも毎日元気に…と言いたいところですが…

ぷちは10月頭に2泊3日の入院手術(膀胱尿管逆流症)しました。
1月にも同じ手術をしていたのですが、再手術になってしまいまして。
あっ、ぷちはいつも通り元気いっぱいで入院とか手術とか信じてもらえないぐらいでした。

私はといえば7月末から主に胃腸が不調で…
最初は夏バテから始まったと思われるのですが、
どうもホルモンバランスが崩れてしまっているみたいで。
(胃カメラや血液検査、婦人科等では特になにもなく)
外出先で吐き気で動けないことが二回続いたせいで
精神的にも参ってしまって駅まですらいけなくなってしまっていて。
多分疲れとかストレスとかもいろいろ関係してるんでしょうね…

ほぼ引きこもりの夏休み&秋を過ごしてました。

最近やっと少しずつうまく自分自身と付き合えるようになったのか
のんびり過ごすように心がけていて、近場なら外出できるように。
まだちょっとイライラしたり、ちょっと多めに食べただけで
(今までの量より少ない)すぐ胃腸にくるんですけどね。
コントロールが難しい
…年かしら…。

まあ、そろそろ外出もできるんじゃ…と少しずつ動こうかなと。
行くんだったらリハビリがてら近場のサンシャインか?!と思っていた矢先
『サンシャイン水族館の「サンシャインラグーン」大水槽で魚1235匹大量死』
という悲しいニュースがありました。

はむぷちともお気に入りの水槽です。
いつも水槽の前の椅子に座ってのんびり眺めて心を休めていたあの水槽です。
一番お気に入りの「ヒョウモンオトメエイ」は無事だったようですが、
トビエイ類も死んでしまったとか…
タカサゴやササムロなど数が多かった魚も全滅してしまったんでしょうか?
オグロトラギスやツバクロエイやツマグロサメとかは???
はむぷち二人でがっかりしています。

今度サンシャイン、行ってみようかとは思いますが、
葛西臨海水族園のマグロの時もそうでしたけど
魚が減ってしまった水槽を見るのはちょっと心苦しいです。

原因は酸欠ではないか?とのこと。
今後このようなことがありませんように…

ラグーン水槽写真

今年2月に撮影したラグーン水槽