幼稚園説明会や保活座談会、子ども向けイベントなどリアルな場も提供しています。ますます活動を充実させつつあるのですが、これまで支給されていた補助金が減額となり、ねりこそ@なびの維持が難しい状況になっているそうです。このままでは、行政ではカバーできない草の根の子育て支援や子連れだからこそ欲しい地域の情報が、子育て世帯に届きにくくなってしまいます。私たちは同じねりまの仲間として、応援団を結成しました。



活動を継続できるよう、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします!



エールをおくる

Facebookやメールフォームから
応援メッセージをお願いします。

協賛広告をだす

広告出稿で応援できます。
ご協力をお願いします。

仲間になる

ねりこその会員になることも
力になります。


エールをおくる

Facebookから応援メッセージを贈ることができます。このページをシェアしてご支援ください。賛同する方からのたくさんの応援お待ちしております。

\私たちが応援しています/

「ねりこそ」を作ろう、と声をかけられて集まったのは、 「練馬の中の子育て」をキーワードに、大勢のお節介焼き おばさん達でした。それが今や、おじさんはもとより、 現役のパパやママも巻き込んで、いろいろな才能の 集まった素敵な集団になりました。 支援された人が支援する側にまわり、末永く「ねりこそ」 が続くことを祈っています。


保育サービスぽてと 池本泰子

「ねりこそ@なび」は、 練馬区内の子育て世代に広く支援されており、 私たちにとっても強い応援団です。 今後、練馬区の子育て支援事業を発展させるためにも、 いろいろ工夫された見やすい情報を発信してくださるよう期待しています。


しぇもあ&ぽれぽれ。代表:佐々木、岡村

二歳違いの二人目が産まれてからなかなか外に出られなくて毎週来るヤクルトさんを子どもと一緒に楽しみにしていました。ある公園帰り、ベビーカーに下の子を乗せて、上の子を歩かせていたら、上の子が走って街角を曲がり見えなくなってしまって、あわてて探したら、配達中のヤクルトさんがうちの子が一人で歩いているのを不審に思い引き留めてくれていました。 子育てって、決して一人じゃできなくて、頑張りすぎる必要もなくて、地域や周わりに支えられているから安心で。だから、ねりこそ@ナビの情報はそんな気持ちをわかってくれて、いろいろな人とつながっていけるのです。是非、これからも子育てするパパママたちを応援していってください。

子育てサークル なないろ

「ねりこそ@なび」が続けてこられたのには時代の最先端を駆使できる力の人たちがいてからこそ (この裏には、練馬区の子育て支援のPR不足を「ねりこそ@なび」が支えてきたと言って過言ではありません。) 練馬区は顕著に、どれだけ助けられたかと感謝の言葉を述べるべきです。 そして、評価したうえで、ねりこそに委託をするべきだと思います。


手をつなご 千葉勝惠


ねりまで子育て中の親が年に10回以上見ていることになるねりこそ@なびに広告を掲載しながら、ママたちの活動も応援することができます。
詳しくは ねりこそ@なび/協賛広告について
より詳細な媒体資料のダウンロードは こちら(PDF: 2.7M)




仲間になる

ねりこそ@なびの企画や取材にメンバーとして参加したり、ただねりこそ会員になるだけでも大きな力になります。 仲間が増えればママたち一人ひとりの負担も減り、モチベーションも上がるはずです。 関心のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。

Copyright (c) 2015 ねりこそ@なび 応援団 All right reserved.