ねりこそ@なび

トップページ » 子連れ探検隊 » 子連れ探検隊_その他 » 練馬光が丘病院に行ってきました

練馬光が丘病院に行ってきました

2013年06月11日
その他 | 光が丘

 平成24年4月より、『日本大学付属練馬光が丘病院』から経営が引き継がれた『地域振興協会 練馬光が丘病院』。開院1年を迎えた今、ママたちが抱える疑問のアレコレを、小児科部長の依田卓医師を始めとする関係者の方々から直接伺ってきました!

 

小児科について

小児科の体制について教えて下さい。
常勤8名、非常勤7名。1年間で医師の数は増減がありながらも順調に増えています。今後も増やしていく予定です。
小児科の体制について教えて下さい。
常勤8名、非常勤7名。1年間で医師の数は増減がありながらも順調に増えています。今後も増やしていく予定です。
外来時間について教えて下さい。
一般外来は月曜日~土曜日の午前中、午後は専門外来です。外来の医師がころころ変わり心配だと言う声が多かったので、できるだけ同じ医師が診察できるような体制にしています。風邪や感染症がうつらないよう、午後は専門外来のみの受診ですが、救急の場合は午後でも対応します。
専門外来について詳しく教えて下さい。
毎週水曜日が神経外来、第2・4木曜日が心臓外来、第4月水曜日が精神発達遅滞のお子さんの専門外来です。心臓外来では、他院から小児の心臓を専門とする医師を呼び診察にあたっています。そのため、手術が必要な場合は他院への紹介となります。
救急医療は受け付けていますか?
365日24時間の救急医療を受け付けています。救急医療を受診したい方は、まず電話を下さい。看護師が電話を受け診療が必要か、自宅での様子見で大丈夫か判断します。救急医療の患者数は、月に300人程です。様子見で大丈夫と判断される方も同じくらいいます。
どのくらいの緊急医療まで対応していますか?
当病院は2次救急医療機関になります。(2次救急医療機関とは、入院治療や手術を必要とする重症患者に対応している医療機関を指します)当医院では、重症度合いによっては診察が出来ない場合もあります。その場合は他の病院を紹介しています。 順天堂大学病院、日大板橋病院、その他必要に応じて他病院も紹介しております。
救急車の搬入はどうなっていますか?
基本的には受け入れていますが、来院患者が重複した場合や入院患者に急変があった場合等、当直医がすぐに対応することが困難な時もあります。その場合は救急隊員が他の病院を探してくださります。
入院はできますか?
もちろんできます。 寝返り前の乳児や、小中学生以上の子どもは基本的に付き添いの必要がありません。該当しない場合でもニーズにお応えして対応できる場合もあるので相談してください。現在ベッド数は36床あり、不足はしていません。
アレルギーや心疾患の治療には対応していますか?
アレルギーは対応しています。2013年夏を目途に、アレルギー外来を開設する予定です。心疾患は随時対応し、必要に応じて心臓外来で診ています。
前病院との引継ぎが上手くいっていないという話がありますが、どうですか?
前病院からカルテの引継ぎがないため、そう思われてしまうようです。他の病院と同じように、紹介状があれば初診からきちんと診察して病状を把握するようにしています。

 

産婦人科について

産婦人科の基本的な方針を教えてください。
全体として、地域に愛されるアットホームな雰囲気づくりを心掛けています。 お産に関しては、陣痛室と分娩室が一緒になった「LDR」という部屋を設けました。部屋移動がないので母体への負担も少ないですし、広々とした個室で、リラックスしてお産に臨むことができます。陣痛促進剤は医学的適応を考慮しながら、原則として使わない方針です。また、産後は、カンガルーケア(早期母児接触)や早期からの母子同室、母乳育児を基本とし、できるだけ人工乳は使わない方針としています。
スタッフは何人ですか?
常勤の医師4名、非常勤の医師1名、助産師12名、看護師6名です(医師はすべて男性)。医師は全員、十分な分娩経験を持ち、24時間体制で必ず1名は常駐しています。
お産で受診するには、どうしたらいいですか?
妊娠したと思われたら、なるべく早くご来院ください。もちろん、里帰り出産(光が丘病院から転院、他病院からの受け入れ)も可能です。出産費用は、標準で55~60万円(うち、保証金として内金20万円)、出産育児一時金直接支払制度に対応しています。
お産の実績、キャパシティはどのくらいですか?
2012年9月より分娩可能となり、昨年度は月平均5~6件のお産がありました。新病院立ち上げ1年目ということで、分娩数はまだ少ないのが現状です。LDRは2部屋、ベッドは19床あります。今夏以降は月20件程度の分娩を予定しており、さらに多くの分娩に対応できる体制を整えています。
バースプランについて、どの程度相談できますか?
「好きな音楽を聴きたい」「好きな香りを嗅ぎたい」などの要望は対応可能です。分娩進行中に寝たままでなくても過ごせるようにソファーの用意や、状態が許せば入浴も可能です。
立会出産については、現在は父親のみが対象です。ただ、「上の子も出産に立ち会わせたい」という声があると聞きますので、この病院でも、要望が増えてくれば検討しなくてはいけないと考えています。
また、無痛分娩やご希望による帝王切開には対応していません。その他、臍帯をご主人が切断することも対応しておりません。
ハイリスク分娩への対応は?
帝王切開後、子宮筋腫摘出術後、骨盤位、多胎などは、原則として帝王切開による分娩となります。特殊なケースや難しいお産に関しては、NICU設備の整った病院や専門医のいる病院など、適切な他院を紹介させてもらいます。
今後の課題は何ですか?
妊婦さんの数がまだ少ないので、母親学級といった妊娠中のプログラムが現在とくにありません。
医師の数は、現状で十分確保できていると考えていますが、これから受診者や分娩数が増えてくれば、1~2名の増員も視野も入れています。
また、小児科の課題としても共通しますが、新生児医療をより充実させ、分娩後、治療が必要な新生児をそのまま当院で診療できる体制を整えていきたいと考えています。
病院の外観と、産科の内観。大きな改装はなく、ほぼ日大時代のまま。 病院の外観と、産科の内観。大きな改装はなく、ほぼ日大時代のまま。
陣痛~分娩まで同じ部屋で過ごせる「LDR」が、2部屋あります。 陣痛~分娩まで同じ部屋で過ごせる「LDR」が、2部屋あります。
LDRで、広いほうの部屋。リビングみたいに広々で、TVも大画面! 
観る余裕があるかはさておきですが…。 LDRで、広いほうの部屋。リビングみたいに広々で、TVも大画面!  観る余裕があるかはさておきですが…。
大きなソファは、付き添いの家族が仮眠するのにもちょうどいいかも…。 大きなソファは、付き添いの家族が仮眠するのにもちょうどいいかも…。
2人部屋は、人がいなければ個室として使えるとのこと。 2人部屋は、人がいなければ個室として使えるとのこと。
オープンな雰囲気のナースステーション。 オープンな雰囲気のナースステーション。
完全母子同室に切り替え、なくす予定の新生児室。
セキュリティのため、ナースセンターを通らないと入れない構造に。 完全母子同室に切り替え、なくす予定の新生児室。 セキュリティのため、ナースセンターを通らないと入れない構造に。
小児科をまとめる依田医師。優しい雰囲気の、おじいちゃん先生です! 小児科をまとめる依田医師。優しい雰囲気の、おじいちゃん先生です!

取材日:2013/05/13 担当:記事: 写真:

参加した隊員の感想

Y(3歳)&S(0歳)

ニュースなどを見てきて、正直プラスの印象がなかったのですが……これまでの事情がどうあれ、現場の皆さんが一生懸命頑張っていることに変わりはないんだな、と感じました。受け入れられる人数や症状は、日大光が丘病院と比べれば限界があるのが現実。ただ、そういった質問にもきちんと答えてくれた依田先生に、好感を持ちました。ここで産んだ方のお話も、ぜひ聞いてみたいです!

なかちーちゃん(1歳7か月)

お話をして下さった依田先生が子どものことで親身に相談に乗ってくれそうなおじいちゃん先生という印象でした。機会があったら一度診ていただきたいです。今後は、さらに安心できる病院になりそうなので期待しています。

KNDポン(1歳11ヶ月)

まだ課題はありそうですが、開院から1年経ち、落ち着いてきた印象。救急だけでなく、子どものかかりつけ医としての利用も安心できるのかな、と思いました。小児科・産婦人科ともに、ママたちの体験談が今後増えてくるのではと注目しています。


お問い合わせ
練馬光が丘病院
所在地
練馬区光が丘2-11-1
最寄り
都営大江戸線光が丘駅
電話番号
03-3979-3611
営業時間
9:00~/14:00~
その他
各診療科によって診察日および診察時間が異なります。詳細はHPをご覧ください。
ホームページ
http://hikarigaoka.jadecom.or.jp/

【PR】

>>協賛企業・団体一覧

【PR】